1. 川崎のコンタクトレンズ メガネはコイヌマ>
  2. 私の好きな曲 その12

スタッフブログ

私の好きな曲 その12

こんにちは。スタッフ菅原です。

 

前回の個人的な流行語でもさらっと触れたのですが、ドラマ『クロコーチ』にハマってしまいまして(観た方とはぜひとも語り合いたいところですが)・・・先日ついに最終回を迎えました。実際の「三億円事件」をベースにくり広げられた“仮説”への謎解きという展開は、その信憑性はさておき、引き込まずにはいられませんでした。役者のキャラも妙に立っていて面白かったです。

で、その三億円事件を調べてみると、今から45年前の1968年の12月に起きているんですね。

“三億円”といいながら厳密には2億9430万円、現在の貨幣価値に換算すると約10億円!これまで数々の映像化がされていますが、偽白バイに被せていたと思しきシートを引っかけた状態のままの犯行だったり、いわくつきの合成モンタージュ写真など、語り継がれるべき昭和の未解決大事件ではないかと思います(1975年時効成立)。

さて、前置きはこのあたりにして(笑)、今回はクリスマス第2弾、マライア・キャリー(MARIAH CAREY)をピック・アップ。

 mariah carey

 

↑このジャケットは1994年に発表された4thアルバム『メリー・クリスマス(MERRY CHRISTMAS)』。往年のトラディショナル・ソングに交じって、M-2「恋人たちのクリスマス(ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU)」が収録。この曲が、今や季節に欠かせないスタンダード・ナンバーとなっているというのは、本当にすごいことだと思います。

当時ドラマ主題歌として大ヒットしたとはいえ、クリスマス定番曲の座を不動のものとしたのには明らかに、秀でたポップ・センスによるところが非常に大きい気がします。

マライア・キャリーは1990年デビュー、US出身のR&B/POPSシンガー。

・・・なんて基本情報よりも、ビルボード、ギネスブックに多数記録された輝かしい栄光の数々を、ぜひコチラでどうぞ。

ja.wikipedia.org/wiki/マライア・キャリー

まあ、誰もが知っている名曲中の名曲を、今さら私がいうにも及ばないのは知っての上ですが、まずはやはり日本語訳のタイトルの妙。

かなりの違和感アリですよね~。だって「クリスマスにほしいのはあなただけ」って願い歌う歌ですよ。つまり主観であり一人称。なのに、恋人たちて・・・?

あと思うのは、のっけからサビのような、うねりまくりのメロディー。きっちりAメロBメロとわかれがちな日本の歌に比べると、こういった流れを作るの自体、至難の技ではないでしょうか。

ちなみにおススメのカヴァー・ソングとして、コチラを挙げておきます。

ラブアクチュアリーOST

 

↑このジャケットは2003年に公開されたクリスマス映画『ラブ・アクチュアリー(LOVE ACTUALLY)』(米英合作/リチャード・カーティス監督)のサントラ。

M-14でオリヴィア・オルソンという女の子が歌っておりますが、劇中同様、11歳らしい、ちょっとたどたどしいバック・バンドとともに果敢に歌う姿はこの映画のハイライトの一つだと思います。

 そういえば、ローワンさんでふと思い出しましたが、個人的に一番面白かったMr.ビーンのクリスマスのエピソード、もう一度観たくなりました(笑)。

PAGE TOP▲