1. 川崎のコンタクトレンズ メガネはコイヌマ>
  2. 私の好きな曲 その20

スタッフブログ

私の好きな曲 その20

こんにちは。スタッフ菅原です。

 

今月7日に開幕したソチオリンピックもいよいよ終盤戦。連日連夜、熱線が続き、応援するあまりに寝不足の方も少なくないと思います。そして!!前回アップから続々と、日本人メダリスト誕生しましたね。

まずはスノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢選手が銀メダル、続いて平岡卓選手が銅メダル!

続いてノルディック複合個人ノーマルヒルで渡部暁斗選手が銀メダル獲得!

圧巻だったのが、フィギュアスケート男子。羽生結弦選手が堂々の金メダル!!

そしてジャンプラージヒル個人で葛西紀明選手が銀メダル獲得!

さらに昨日、スノーボード女子パラレル大回転で竹内智香選手が銀メダル獲得!

団体でもジャンプ男子団体ラージヒルで銅メダル獲得。

おめでとうございます!

 

平野歩選手はまだ15歳の中学3年生。冬季五輪での日本人史上最年少でのメダル獲得は本当にすごいと思います。

また葛西紀明選手は世界でも史上最多出場となる7度目にして手にした悲願のメダルですね。

 

個人的には、特に渡部選手のインタビューが印象的で、

「自分らしい色」

と答えていましたが、レース自体もトップと熾烈な争いをした上での、今ある力を出し切ったからこそ言えたすばらしいコメントだと思いました。

 

さて、本題のコーナーへと参りましょう。

 

pet shop boys

↑このジャケットは1993年に発表された、ペット・ショップ・ボーイズ(PET SHOP BOYS)の5thアルバム『ヴェリー(VERY)』。

ペット・ショップ・ボーイズは1984年デビュー、UK出身のポップ・デュオ。ダンザブルなデジタルサウンドで独自の世界観を築いています。

1981年に雑誌の記者と学生だった2人が、たまたま同じ楽器店にて同じキーボードを同時に手を出したことで「運命的な」結成。ユニット名は2人の共通の友人がペットショップで働いていたことに因るとのこと。

ライナーにもありましたが、作詞・ヴォーカル担当のニール・テナント(NEIL TENNANT,1954.7.10~)のユニセックスな歌声というのは、確かに唯一無二、歌手として生まれてきたといっても過言ではないでしょう。ただ、私としてはすでに「ボーイズ」と命名されておりましたので、それほど女性らしくは感じませんでしたが(笑)・・・まあ、線の細い、それでいてしなやかなヴォーカルです。

でおススメはM-3「リベレイション(LIBERATION)」。

「解放」という意味のタイトルで彼女への愛を切々と綴るミディアム・テンポのラヴ・ソング。海辺でのサンセットを見ながら聴きたい1曲です。Bメロの、くり返されるハイトーン・ヴォイスが何ともいえず耳に残ります。

真冬におススメする曲ではないですが、彼らを知るきっかけとなったM-12「ゴー・ウエスト(GO WEST)」がワールドカップスキーのテーマソングでご存知の方がいるのではと思い、今回取り上げてみました。

ちなみに96年に洋楽リスニング本格デビュー(?)した私としては、その「ゴー・ウエスト」、鼻歌などで詳しい方に聞きまわった上での、実に3年越しでの出会いだったと記憶しております(笑)。

 

 

最後にCM。

今年の花粉の飛散量は、全国平均2割減ということですが、しっかりと対策しておきましょう(今年からなる場合はしようがないですが)。スギ花粉は例年どおり、3月上旬~中旬が関東でのピーク、ヒノキは4月上旬~中旬ピークという予報です。

まずは花粉を取り込まないよう、口にはマスク、そして目には花粉防止グラスで完全防備!

 

サングラスコーナーにて在庫取り揃えております。色と形と装用感をご確認の上、お求めくださいませ。

PAGE TOP▲