1. 川崎のコンタクトレンズ メガネはコイヌマ>
  2. 私の好きな曲 その35

スタッフブログ

私の好きな曲 その35

こんにちは。スタッフ菅原です。

 

先週末から今週にかけ、それはそれは、雨を抜きにしては語れない日々が続きました。休日に実家に帰ったときも、途中から雨が降り、108円の傘を買うハメになりました(泣)。そして私は、

「今年の梅雨入り予報は、見事に当たったわね」母談)

なんて言葉をもってして、ようやく梅雨と気がつくほどの鈍感っぷりでございまして・・・m(__)m。

 

調べてみますと、今年の関東の梅雨入りは、6月5日ごろ。平年より3日早くのことでした。ちなみに過去10年の梅雨入り・梅雨明け・梅雨時期の降水量平年比(%)は、

平成25年・・・6月10日ごろ・7月6日ごろ・77%

平成24年・・・6月9日ごろ・7月25日ごろ・100%

平成23年・・・5月27日ごろ・7月9日ごろ・83%

平成22年・・・6月13日ごろ・7月17日ごろ・101%

平成21年・・・6月3日ごろ・7月14日ごろ・95%

平成20年・・・5月29日ごろ・7月19日ごろ・91%

平成19年・・・6月22ごろ・8月1日ごろ・114%

平成18年・・・6月9日ごろ・7月30日ごろ・120%

平成17年・・・6月10日ごろ・7月18日ごろ・110%

平成16年・・・6月6日ごろ・7月13日ごろ・66%

となっております。ちなみに各日の“ごろ”というのは、たとえば冬から春を迎えるとき、「さあ!今日から春です」というような明確な境があるわけでなく、寒暖をくり返して変わってゆくように、一般的に数日程度の遷移(せんい)期間を持ち、ある1日を特定することが正確な表現でないから、とのこと。なお、梅雨明けの期日は一週間先の天候経過をもとに速報的に発表する理由などから現在のところ発表されておりません(by気象庁HP)。梅雨明けの平年は7月21日ごろとなっております。

 

さて、本題へ。今月は雨に似合う(というか、タイトルが雨・・・)この曲をご紹介。

 

ace of base

 

↑このジャケットは1999年に発表されたエイス・オブ・ベイス(ACE OF BASE)のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ~SINGLES OF THE 90S(SINGLES OF THE 90S)』です。

エイス・オブ・ベイスは1992年デビュー、スウェーデン出身の4人組ポップス・グループ。女性ヴォーカル2人と男女構成、出身国が同じことからよくアバ(ABBA)と比較されたりしますが、こちらは兄姉妹と友人男性の構成なので、2組の夫婦にはなりえません。

レゲエビートを取り入れたヨーロピアンポップスにダンスまで加わった斬新なサウンドで一世風靡しました。ただしダンスマニア的なスピード・ポップとは一線を画した感じで、今となってはアラサーまででしか認知度はないかと思われますが、いかがでしょう。

このCDとの出会いは1998年ごろの2つ目のアルバイト、パン屋にて薦められた記憶があります。正直、レゲエビートは馴染めなかったのですが、唯一純粋なポップ・バラードともいえるのがM-9「エヴリタイム・イット・レインズ(EVERYTIME IT RAINS)」でした。外部ライターさんの手による曲ですが、“失恋した女性の片想い”を情感込めて切々と歌い上げています。サビの「pieces」の部分、今で言うところのウィスパー・ヴォイスがたまりません。よかったら聴いてみてください。

PAGE TOP▲