1. 川崎のコンタクトレンズ メガネはコイヌマ>
  2. 私の好きな曲 その41

スタッフブログ

私の好きな曲 その41

こんにちは。スタッフ菅原です。

 

本日は「土用の丑の日」ですね。

「えっ、今日は火よう日よ」

「僕の家では毎週土ようはカレーだよ!」

なんてギャグは置いておくとして、土用の丑の日とは、土用の間のうちの十二支が丑の日、1年の春夏秋冬の4回、平均6.09日ある日のことで、中でも夏の土用の丑の日を指します。年に1、2日(平均1.57日)あり、2日ある場合は一の丑、二の丑といいます。平気法では土用の定義が異なりますが、天保歴以来普及している定気法によると、夏の土用になりうる日は毎年7月19日~8月7日。そもそも夏の土用とは太陽黄経(こうけい)が117度~135度の前日と定義されていることから年平均18.82日間、とはいえ1900年~2099年の間は日付が少しずつ前倒しになるため、1907年には唯一8月8日が土用の丑の日となり、2096年には7月18日が土用の丑の日になると予想されています。ちなみに土用とは五行に由来する暦の雑節、四立(立夏、立秋、立冬、立春)の直前、前述に触れた約18日間ずつのことで、五行とは古代中国に始まる自然哲学思想、万物は木、火、土、金、水5種の元素からなるとする節をいい、西洋の四大元素説と比較され・・・と、もうこの辺でやめておきましょう。興味のある方はご自身で調べてみてくださいませ。

最後に2020年までの土用の丑の日を書いておきます。

2015年・・・7月24日、8月5日

2016年・・・7月30日

2017年・・・7月25日、8月6日

2018年・・・7月20日、8月1日

2019年・・・7月27日

2020年・・・7月21日、8月2日

 

さて本題へ。今回はラップ・ロックの先駆けと呼ばれるコチラをご紹介。

 

aerosmith

 

↑このジャケットは1997年に発表されたエアロスミス(AEROSMITH)の12thオリジナル・アルバム『ナイン・ライヴス(NINE LIVES)』です。エアロスミスはUS出身、1973年デビューの5人組ハードロック・バンド。代表曲は・・・さすがに挙げなくてもいいですよね。2001年ロックの殿堂入り。

ボーカルのスティーヴン・タイラー(STEVEN TYLER,1948.3.26~)の、ハイトーンヴォイスといわれる中でも、特にキーの高いところで喉を嗄らしたような、シャウトする独特の歌い方はデビュー時よりも90年代以降に顕著。20年以上続けてゆくとというか、年齢的にも普通はキーが落ちるものですが・・・すごいですよね。

余談ですが、リヴ・タイラーは物心がつく前に両親が別れていたために顔を覚えておらず、成長してエアロスミスのファンになってから実父であることを知り、とても驚いたそうです。

で、このアルバムのジャケですが、クリシュナを模したネコがヒンドゥー教の反感を買い、再プレス盤からはジャケが変更されております。あるいは初回盤、輸入盤やらでかなり収録曲数が違います。私が持っているのはこのジャケットの13曲入りのもの。1996年頃、友人に譲ってもらった記憶があります。ジャケは貴重かもしれませんが、曲数としてはかなり損してます(悲)。

おススメ曲は悩んだ結果、タイトルどおりの魂のラヴ・ソング、M-3「ホール・イン・マイ・ソウル(HOLE IN MY SOUL)」にしておきます。聴きどころはやはりコーラス部分のキーの高さ!メインでさえ高いのにその上を行くハモりは、毎度聞いてもハラハラしちゃいます(笑)。

 

最後にCM。

みなさま、色が変わるメガネレンズをご存知でしょうか。その名も調光レンズ。紫外線に反応してクリアレンズからカラーレンズになるになることで、室内から外へ出ても掛けかえることなく快適に過ごせます。

まだまだ暑い夏が続きます。一度ご来店いただき、サンプルレンズをお試しくださいませ。

http://www.vc.hoya.co.jp/learn/colorlens.html

 

PAGE TOP▲