1. 川崎のコンタクトレンズ メガネはコイヌマ>
  2. 私の好きな曲 その45

スタッフブログ

私の好きな曲 その45

こんにちは。スタッフ菅原です。

 

何だか月曜日あたりから暑さがめっきり影をひそめ、秋の気配すら漂っております。それと比例し、ここのところ蝉の鳴く声がほとんど聞こえてこなくなりました・・・ということで今回は蝉について調べてみました。

セミは国内に亜種を含め36種生息。アメリカは170種以上いるそうですが、面積で25倍以上と考えると日本は有数のセミ大国(笑)ということになります。そして共通の種は分布しないため、ツクツクボウシのリズミカルな鳴き声やヒグラシのカナカナ・・・という涼しげな美声も世界的には知られていないということです。また、子供たちが興じる「セミ採り」も日本固有の文化で海外では行われません。

鳴くのはオスだけで、所謂ナンパ。種ごとの決まった歌でメスに呼びかけ、メスは気に入ったオスのもとへ飛んでゆきます。オスは腹部の発音膜を振動させ、空洞で共鳴させあの大音量にしており、一方メスの腹部には卵が詰まっています。

よく「セミの一生は7年」といわれますが、実は飼育が難しく、ほとんどの種でよくわかっていません。例えばアメリカの周期ゼミ(13年または17年の完全シンクロパターンで大量発生するセミ、周期が素数のため素数ゼミともいう)の幼虫からの期間としては、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命の長さを持っています。

また翅はすぐに伸びて数時間で飛べるようになるものの、体が完全には固まっていないため、羽化後満足に鳴けるようになるまで数日を要します。外敵に襲われなければ2~3週間、1ヵ月以上生きるのも珍しくないそうで、このことから「セミは羽化して1週間で死ぬ」がかなり誤解されているのがわかります。とはいえ、仮に鳴くことも飛ぶこともいっさいせず、体力を温存したとしても、冬を越すほどの長生きは無理です・・・とここまで考えると、私は単なる季節の移り変わりとはいえ、とても儚いものを感じてしまいますがいかがでしょう。

 

さて、本題へ。今回は個人的に、そんなせつない感情に浸らせてくれるコチラをご紹介。

simon & garfunkel

↑このジャケットは1964年に発表された、サイモン&ガーファンクル(SIMON & GARFUNKEL)のデビュー・アルバム『水曜の朝、午前3時(WEDNESDAY MORNING,3 A.M.)』です。

サイモン(PAUL SIMON,1941.10.13~)&ガーファンクル(ART GARFUNKEL,1941.11.5~)はUS出身、1964年デビューのヴォーカル・デュオ。音楽活動としては学生時代に「トム&ジェリー」としてデビューしているのが最初で、その後それぞれソロ活動の後、再会、再結成をしています。

このアルバムも当初まったく注目されず、サイモンは1人ロンドンで音楽活動を始めようとしていたところ、収録曲の「サウンド・オブ・サイレンス」をプロデューサーが無断でリアレンジし発表、ヒットチャートを駆け上がることとなります。それを知ったのが何と、街角で手に取ったビルボード誌だったそうです。

1990年ロックの殿堂入り、2001年にはポール・サイモンがソロとしてロックの殿堂入り。なお、1970年発表のシングル「明日に架ける橋」と同名アルバムがビルボード史上初の同一アーティストによる年間No.1。ちなみにエルヴィス・プレスリーは以降のライヴでこの曲を頻繁に取り上げていたそうです。

今回はメジャーすぎるアーティストゆえ、知られていないようなエピソードを並べてみましたがいかがでしょう。

あ、最後に、「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」で有名な漫画家の柴門ふみの名前はポール・サイモンからだそうです。

 

このCD、というかサイモン&ガーファンクルはもともと父のカーステレオ・コレクションの1つだったため、存在自体は中学生くらいには知っていました。ただし、本格的に聴くようになったのはかなりあと・・・往年のドラマタイアップも見事にスルー(笑)。

で、おススメはアルバムタイトルでもあるM-12。この曲の歌詞が、今になって暗く沈んだトーンであることがわかりましたが、90年代後半以降のハマり始めた頃は、今時分の夜更かししたあげくの明け方に聴いては一人、気持ちを爽やかにしていました。

 

最後にCM。

前回のターニングに続く、人気フレームのご紹介。

それはいまだ衰えることなく安定した人気を誇るジャポニスム

そう、約4年に渡り、私が掛けていたメガネです。

ご興味のある方はコチラをどうぞ↓

 

http://www.bostonclub.co.jp/brand_list.php

 

さらにご興味が湧いた方は、ぜひご来店いただき、実際に掛けていただければと思います。

PAGE TOP▲