1. 川崎のコンタクトレンズ メガネはコイヌマ>
  2. 私の好きな曲 その46

スタッフブログ

私の好きな曲 その46

こんにちは。スタッフ菅原です。

 

日本時間で一昨日未明に行われた、全米オープンテニス第13日の男子シングルス準決勝。第10シードの錦織圭(1989.12.29~、世界ランク11位)選手が第1シードで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4、1-6、7-6、6-3で勝利し、日本人選手初の四大大会決勝に進出しました。

ふりかえると、ベスト8進出の時点から大接戦。第10シードのラオニッチ(カナダ)戦では4-6、7-6、6-7、7-5、6-4のフルセット、さらに4強入りをかけての戦いは全豪覇者、ワウリンカ(スイス)。3-6、7-5、7-6、6-7、6-4というまたもやフルセット、4時間越え。どちらも当然格上で、ラオニッチにいたってはサービススピード230キロを誇る相手。

昨今のパワープレー全盛では日本人の体躯として通用しない世界なのではないかと思っていただけに、本当にすごいことだと思います。

そして日本時間の本日早朝の行われる決勝では第14シードで世界ランク16位のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦。どちらも初のグランドスラム制覇がかかります。勝負はやってみないとわかりませんが、過去の戦績としては錦織の5勝2敗。最近では今年の4月に戦い勝利している相手です。しかしチリッチもここ2試合をストレート勝ちしてノリにノっています。ちなみに錦織圭が勝てば、世界ランクは5位になるようです。ここまできたら、ぜひとも優勝してほしいところです。

最後に私、こんなに熱く語っておきながらテニスの四大大会を知りませんでした。残りの3つを書いておきます。

全豪オープン・・・毎年1月後半開催

全仏オープン・・・毎年5月末~6月初め開催

ウィンブルドン選手権・・・毎年6月末開催

この全米オープンが1年の最後のメジャー大会ということになり、観客動員数、賞金総額でも最大規模を誇るそうです。

 

さて本題へ。今回は久しぶりの90年代ロックからコチラをご紹介。

therapy

↑このジャケットは1998年に発表されたセラピー?(THERAPY?)の4thアルバム『セミ・デタッチト(SEMI-DETACHED)』です。

セラピー?はアイルランド出身、1992年メジャーデビューの4人組ロックバンド。もともと3人組でしたが本作にて4人編成となりました。ハードコア要素を軸にノイジーなギターが印象的なバンドです。

出会いは1998年当時、HMV横浜店の新譜視聴コーナーにて。次第に洋楽を聴きこなす中で、地元の少し大きなCD店から脱却を図り(?)馳せ参じたその場所の規模の大きさは、かなり衝撃的でした。渋谷のタワーレコードなどもすごかったですが、居心地的にも、横浜の客層というか(笑)、ワンフロアの壮大さにカルチャーショックを受けたのはいまだに覚えています。ちなみにそのHMVデビューを飾ってからまもなく、ブックオフをはじめレコファン、ディスクウェーブといった中古CD店へ足しげく通うようになりました。

で、いろいろ物色する中でこのアルバムのM-4「ロンリー、クライン・オンリー(LONLY,CRYIN’ONLY)」を聴き、その場で即買いを決意。Aメロ→Bメロのくり返しから、サビ→Cメロ→サビという最後まで疾走感溢れるメロディアスなポップは個人的に、今でも輝きを失っておりませんがいかがでしょう。

ちなみに歌詞は失恋を歌ったものかと思いますが、私の所有するCDは輸入盤のため和訳がなく、正確なところはどなたか教えていただけると助かります…m(__)m。私としては聴く度に、恋愛感情関係なく(笑)、自身のモチベーションが一気に高まります。

 

最後にCM。

今月、日航店のイベントといたしまして、

20日(土)と21日(日)には「補聴器相談会」

27日(土)には日航ビル前にて「メガネの何でも相談会」を開催予定。

 

ご興味のある方はもちろん、お近くまで来られた際はぜひともお立ち寄りくださいませ。

 

PAGE TOP▲